30代 主婦 Dさん
夫:30代 自営業
婚姻期間:5年以上

解決内容

Dさんは、夫との不仲が原因で離婚を決意され、別居した状態で弁護士に相談することになりました。
Dさんは、子どもと一緒に暮らす決意をすでに固めており、養育費が今後も発生するため、離婚調停を提起し、調停による解決を目指しました。
早期解決というご希望があったため、財産分与に関して、事前に相手方に預貯金の開示を求めて資料を用意し、1回目の調停で相当額の財産分与、相当額の養育費を含む調停離婚が成立しました。

所感

子どもがまだ小さかったため、回収可能性を高めるため、養育費は債務名義で取得する必要があると判断した事例でした。
一方で、Dさんに早期解決の意向が強かったため、調停が始まるまでの間に、離婚協議を一定程度進めて、早期解決を実現することができました。