40代 会社員 Aさん
妻:40代 会社員
婚姻期間:10年以上
子ども:2人

解決内容

Aさんは、妻の不貞行為が原因で協議離婚が成立した状態で相談にいらっしゃいました。
ご依頼内容は元妻の不貞相手に対する慰謝料請求でした。受任後、相手方に対して、慰謝料の支払いを請求しましたが、相手方が応じなかったため、直ちに訴訟提起をしました。訴訟上で和解が成立し、和解金として離婚に伴う慰謝料を回収して解決しました。

弁護士作成ではない離婚協議書が請求の足かせに・・

Aさんは、離婚協議書の作成を弁護士ではない士業に依頼をしており、慰謝料に関して離婚協議書において解決したかどうかが不明確な状態でした。
そのため、訴訟上では、相手方から離婚給付の一部に慰謝料の趣旨が含まれていたという主張が出ることになり、大きな争いとなりました。
結果としては、離婚慰謝料として相当と考えられる金額を回収できましたが、裁判所によっては別の判断もあり得たと感じました。

所感

本件では当事者作成の離婚協議書に不明確な点がありました。協議書の内容によっては、後日不利に働くことがあります。
行政書士や司法書士、ネットで検索するとヒットする民間の結婚相談所などで協議書内容についてアドバイスを行うケースが散見されます。
離婚協議書の作成は弁護士に依頼すべきだと感じた事件でした。