半田知多総合法律事務所|半田市・常滑市の弁護士による離婚・男女問題での相談

soudan

半田知多総合法律事務所の離婚相談の考え方

私が独立するまで勤務していた事務所は離婚を専門の一つとしており、私は数多くの離婚・男女問題の相談に対応してきました。

その経験から、離婚・男女問題は、弁護士が早期に介入し、”早期に行動する”ことが重要であると考えています。特に離婚事件において、当事者間での交渉がまとまらない場合に、相手が翻意すると考えて時間の経過を待っていたとしても、事態が変化することは少ないです。

私は、離婚事件に関しては、弁護士が早期に介入し、当事者の合意の可能性をあやゆる角度から検討し、合理的な場面で離婚条件を提示し、合意を図ることが重要であると考えています。

半田市・知多市・常滑市をはじめとする知多半島地域で離婚・男女問題でお悩みの方へ

離婚・男女問題をかかえている当事者は、相手方のあらゆる行動により、心をかき乱されます。現在にとどまらず、過去のささいな出来事もマイナスに感じられ、相手に対する負の感情を増幅させてしまいます。

心をかき乱すのは、相手方の行動に限ったことではありません。当然のことながら、相手方の立場に立つ相手方の親族からの心ない言動。結婚式の招待をしていた、又は結婚式で祝ってくれた、職場の関係者や友人・知人に対して合わせる顔がないと感じてしまうでしょう。一番味方であってほしい親や兄弟等の近親者の行動すら、精神的に負担になることも多いです。そして、そんなパートナーを選んだ自分自身を責め、自らを追い込んでしまいます。

悩みを断ち切って、次の人生を歩むために、早期に弁護士にご相談ください。私が一人一人の希望に寄り添った解決策を検討し、全力でサポートいたします。

弁護士が相談者の方や依頼者の方にとって何が最善かを追求し、提案いたします。

離婚・男女問題を抱えられた方々は、その精神的な負担がかかる中で、人生を左右する様々な決断を迫られることになります。

配偶者の問題、財産の問題、子どもの問題。

時には、住む場所が変わったり、今後の為に就職活動をしなければならない場合もあります。本来であれば、冷静な状態ですら正しい決断をするのは困難な問題を、短期間に決断しなければならないのです。

離婚・男女問題において、当事務所に依頼することのメリットは、状況が異なる相談者に応じた最善の解決案を検討し、実際に行動に移し、最善の決断をするサポートを受けられるということなのです。弁護士に任せられる問題はお任せください。当事務所では、離婚に関する豊富な経験・知識を持つ弁護士が対応するとともに、常に相談者・依頼者にとって何が最善かを追求し、提案いたします。

事務所は、名古屋家庭裁判所半田支部の近くにあるため、迅速な対応が可能です。出張日当も気にする必要がありません。

半田市、東海市、知多市、常滑市、大府市、知多郡の離婚事件は、名古屋家庭裁判所半田支部が管轄となります。そのため、名古屋家庭裁判所半田支部の近くに事務所が存在する半田知多総合法律事務所にご依頼いただくことで、迅速に対応することが可能です。

半田知多総合法律事務所では、名古屋家庭裁判所半田支部、名古屋家庭裁判所本庁、名古屋高等裁判所への出張日当をいただいておりません。また、出廷日当(一定回数弁護士が期日に出頭した場合にかかる追加費用)もいただいておりません。そのため、離婚調停や離婚訴訟が長期化したときの出張日当・出廷日当を気にすることなく、ご依頼いただけます。

半田知多総合法律事務所の離婚相談は、初回無料、完全個室による相談です。

当事務所は、離婚・男女問題を抱えられる方々が、早期にお気軽にお越しいただけるよう初回無料での法律相談をしております。弁護士に相談したからといって必ずしも依頼する必要もありません。お気軽に早い段階でご相談にお越しください。

当事務所は、相談者様のプライバシーに配慮して、完全個室による法律相談をしております。従いまして、他の人に弁護士との相談内容を聞かれることはありませんし、法律相談に集中していただける環境です。

また、お子様がいらっしゃる方でも、お子様が退屈されないようお子様のためのおもちゃ類を用意しております。お気軽にお申し付けください。

アクセスは良好で、平日夜間のご相談も実施しております。

当事務所は、名鉄知多半田駅徒歩1分、「昭和町一」の交差点すぐに所在していますので、電車でお越しの方もお車でお越しの方も、アクセスは良好です。

また、平日がお忙しい方でも弁護士との相談ができるように、平日夜間相談のご相談も実施しております。ご希望の方は、お電話または予約フォームでの予約の際に、平日夜間のご相談を希望される旨を事前にお伝えください。

お役立ちニュース

自営業者の婚姻費用・養育費はどのように算出されますか

算定表には「給与」と「自営」の収入をあてはめる項目があります。 婚姻費用と養育費は、両当事者の収入および被扶養者によって、決められ、婚姻費用と養育費は、裁判所では、簡易な算定をするために「算定表」を用いて算出することが多 …

高額所得者の婚姻費用・養育費はどのように計算されますか

高額所得者の婚姻費用と養育費 婚姻費用と養育費は、両当事者の収入および被扶養者の数によって、決められるため、高額所得者ほど負担する婚姻費用や養育費の割合は大きくなります。 婚姻費用と養育費は、裁判所では、簡易な算定をする …

不貞をした配偶者に対して婚姻費用を払わなくてはいけませんか。

婚姻費用とは 婚姻費用とは、配偶者や未成熟子の生活費等婚姻関係を維持するために必要な費用をいいます。 婚姻費用は、民法752条の協力扶助義務を前提として、民法760条の「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、 …

財産分与の対象とはならない財産を教えてください

財産分与の対象とはならない「特有財産」 財産分与は、「夫婦がその協力によって得た財産」が対象となりますが、夫婦の一方が配偶者と無関係に取得した財産は、「特有財産」といい、財産分与の対象にはなりません。例えば、婚前資金や相 …

離婚調停・離婚訴訟の管轄はどこですか。

離婚調停と離婚訴訟では、管轄に関するルールが異なります。 調停は、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所で起こさなければなりません(家事事件手続法第245条第1項)。そのため、別居によって夫婦が別の管轄の地域に住んでいる場合 …

PAGETOP